【スポンサーリンク】

トレイ・ヤングがオフィシャルのコールに不満

トレイ・ヤングがオフィシャルのコールに不満

現地19日に行われたアトランタ・ホークス対マイアミ・ヒートのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第2戦は、ジミー・バトラーが4本の3ポイントを含む45得点と爆発し、ホームのヒートが勝利した。

これでヒートは2連勝だ。

一方のホークスは厳しい状況に追い込まれたが、NBAオールスターポイントガードのトレイ・ヤングは第2戦のオフィシャルに納得できないのかもしれない。

ヤングは試合後、オフィシャルのコールについて次のように不満を漏らしたという。ESPNが伝えている。

もしレフェリーが彼らがやったようなフィジカルなプレイを許し、ファウルをコールしないなら、とにかく何をするにしても難しくなるだろう。

この日のヤングは25得点、6リバウンド、7アシスト、FG成功率50%(10/20)を記録。

だが、NBAキャリアワーストとなる10ターンオーバーを喫してしまった。

センターのクリント・カペラが不在の中、厳しい戦いを強いられているホークス。

ヒートは第3戦でもフィジカルなプレイを仕掛けてくるだろうが、果たしてヤングはホークスを勝利に導くパフォーマンスを見せることができるだろうか?

なお、ヤングのファーストラウンド第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間28:2740:38
得点825
リバウンド66
アシスト47
スティール20
ターンオーバー610
FG成功率8.3%
(1/12)
50.0%
(10/20)
3P成功率0%
(0/7)
20.0%
(2/10)
フリースロー成功率85.7%
(6/7)
75.0%
(3/4)
+/--22-11

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA