【スポンサーリンク】

退場処分のモントレズ・ハレル「後悔はしていない」

退場処分のモントレズ・ハレル「後悔はしていない」

ワシントン・ウィザーズのモントレズ・ハレルとフィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、現地26日に行われた試合で激しいバトルを繰り広げた。

その結果、ハレルが2度のテクニカルファウルで退場を強いられたわけだが、ハレルはエンビードの振舞いが気に入らなかったのかもしれない。

ハレルによると、タフな男を自称するならタフな姿勢で戦うべきだという。ハレルのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼はアンドワンを決めた。

彼は僕に向けて叫びたがっていた。

僕は彼を視界から押し出した。

彼は一歩下がり、こう言ったんだ。

「僕は押されたぞ!」とね。

タフさを見せろよ。

もし君がすごくタフな男なら、タフさを見せろ。

君は僕のお気に入りの男だ。

レフェリーが歩み寄って来た時に小言を言ったり、指摘したりするな。

僕は仕掛けられてしまった。

そういうことだ。

あのような状況にならなければ良かったが、後悔はしていないよ。

シクサーズとウィザーズは現在17勝16敗で並んでいる。

このままいくとNBAプレイオフの早い段階で対戦する可能性があり、もし対戦が実現したら、ハレルとエンビードは大舞台でさらに激しいバトルを繰り広げるだろう。

エンビードにはハレルの指摘を受け、ネチネチではなくバチバチのバトルを見せてもらいたいところだ。

なお、この日のハレルとエンビードのスタッツは以下の通りとなっている。

M・ハレルJ・エンビード
出場時間17:3130:39
得点1536
リバウンド413
アシスト31
スティール11
ブロックショット02
ターンオーバー01
FG成功率57.1%
(4/7)
70.6%
(12/17)
3P成功率0%
(0/1)
40.0%
(2/5)
フリースロー成功率87.5%
(7/8)
90.9%
(10/11)
+/-+3+25

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA