【スポンサーリンク】

レイカーズがレブロン・ジェイムスをトレードする条件とは?

レイカーズがレブロン・ジェイムスをトレードする条件とは?

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスは、現地8月1日以降にロサンゼルス・レイカーズと延長契約を結ぶことができる。

ジェイムスが2年契約を結ぶのか、1年契約を結ぶのか、それとも延長契約を見合わせて来年夏にFAになるのか注目が集まるところだが、ジェイムスは今年38歳になるということもあり、見返りを得られるうちにトレードで放出すべきという声も少なくない。

だが、レイカーズが少なくともこの夏にジェイムスをトレードで放出することはないと言えそうだ。

lakersnation.comによると、レイカーズのオーナーを務めるジーニー・バスにジェイムスをトレードで放出する考えはなく、トレードで放出する時はジェイムスがレイカーズの組織に不満を持った時だという。

もしジェイムスが延長契約を結ばなかったとしても、レイカーズがジェイムスをトレードで放出することはないだろう。

レイカーズはこの夏にロスターを再編し、NBAタイトル奪還を狙える布陣を揃える見込みだが、ジェイムスの声もある程度反映されると見られている。

これらを踏まえると、レイカーズがこの夏にジェイムスをトレードで放出する可能性は極めて低いと言えそうだ。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数561366
平均出場時間37.238.2
平均得点30.327.1
平均リバウンド8.27.5
平均アシスト6.27.4
平均スティール1.31.6
平均ブロックショット1.1
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ターンオーバー3.53.5
FG成功率52.4%50.5%
3P成功率35.9%34.6%
フリースロー成功率75.6%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA