【スポンサーリンク】

ウィザーズがスペンサー・ディンウィディをトレード?

ウィザーズがスペンサー・ディンウィディをトレード?

ワシントン・ウィザーズはオフシーズン中のトレードでNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックを失ったものの、スペンサー・ディンウィディやカイル・クーズマ、モントレズ・ハレル、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープなど即戦力の獲得に成功した。

新たな体制となった今季のウィザーズは開幕から快進撃を見せたものの、ここ最近は調子を落としており、現在イースタン・カンファレンス10位に順位を落としている。

ウィザーズはこの状況を受け、主力のひとりをトレードで放出するかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ウィザーズはポイントガードのディンウィディをトレードで放出することを話し合っているという。

ディンウィディにはビールとともにウィザーズを牽引する働きが求められているものの、ディンウィディとビールのケミストリーは決して良いとは言えない。

そのためウィザーズはディンウィディをトレードで放出し、新たなポイントガードを迎え入れることを検討しているというが、わずか半年でのトレードには賛否両論ある。

とはいえ、ディンウィディがトレード市場に出た場合、多くのNBAチームが関心を示すだろう。

なお、ディンウィディの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数38358
平均出場時間30.526.2
平均得点13.512.9
平均リバウンド4.5
(キャリアハイ)
3.0
平均アシスト5.85.0
平均スティール0.60.7
平均ターンオーバー1.61.7
FG成功率39.2%40.8%
3P成功率32.0%31.8%
フリースロー成功率81.4%79.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA