【スポンサーリンク】

36歳のクリス・ポールが今もNBAトップ選手である理由とは?

36歳のクリス・ポールが今もNBAトップ選手である理由とは?

フェニックス・サンズのクリス・ポールは、NBAキャリア17年目の今季も支配力のあるパフォーマンスを見せている。

昨季はサンズをNBAファイナル進出に導き、今季はNBAトップとなる平均10.3アシストを記録しているポール。

では、なぜポールは36歳の今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持できているのだろうか?

NBAキャリア4年目のミカル・ブリッジズによると、身体の管理を徹底していることと高いバスケットボールIQを持っていることが、ポールが今もNBAトップ選手のひとりである理由だという。ブリッジズのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

その理由のひとつは、ウェイトリフトなどで身体をケアしていることだ。

彼はそれをマスターしている。

彼はビーガンだし、トレーナーと一緒に来て、どんなウェイトリフトをするのかを理解している。

毎日決まった時間にやっているし、それが彼のルーティンなんだ。

2つ目の理由は、彼のIQだ。

本当に高いIQを持っている。

身体をケアしているから、今もプレイできている。

だが、彼のIQは他の人々とは違うんだ。

彼なら50歳までプレイできるだろう。

彼のIQとスマートさは素晴らしい。

彼はゲームをすごく理解しているんだ。

信じられないほど素晴らしい。

サンズはNBA屈指のスコアラーであるデビン・ブッカー抜きで戦っているものの、現在22勝5敗、ウェスタン・カンファレンス2位と素晴らしいパフォーマンスを見せている。

ブッカーが抜けても大きく崩れないのは、やはりポールの活躍によるところが大きいと言えるだろう。

”バナナボートクルー”のレブロン・ジェイムス同様、ポールが何歳までNBAトップレベルのパフォーマンスを維持できるのか注目したいところだ。

なお、ポールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数271117
平均出場時間32.734.6
平均得点14.6
(キャリアワースト)
18.2
平均リバウンド4.04.5
平均アシスト10.39.4
平均スティール2.02.1
平均ターンオーバー2.42.4
FG成功率47.4%47.2%
3P成功率33.3%37.1%
フリースロー成功率81.8%
(キャリアワーストタイ)
87.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA