【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマスが古巣セルティックスに皮肉

アイザイア・トーマスが古巣セルティックスに皮肉

ボストン・セルティックスのロバート・ウィリアムスは、膝に問題を抱えながらプレイしている。

ウィリアムスによると、マイアミ・ヒートとのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル中に何度も膝の水を抜いたものの、「意味がない」と感じ、NBAファイナルでは水が溜まった状態でプレイし続けているという。

セルティックスの医療スタッフは、「プレイし続けても膝が悪化することはない」と判断したというが、元NBAオールスターポイントガードのアイザイア・トーマスはセルティックスの医療スタッフの言葉を信頼していないのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、セルティックスの医療スタッフの判断を受け、元セルティックスのトーマスは「前にも聞いた話だ」とツイートしたという。

トーマスはセルティックス時代にNBAオールスターに選出されるなど、素晴らしい時間を過ごした。

だが、股関節の怪我をおしてNBAプレイオフに出場し続けると、怪我はその後長引き、トーマスのNBAキャリアを狂わせてしまった。

セルティックスの医療スタッフの判断が適切か否かは分からないが、ウィリアムスの膝の問題がNBAキャリアを狂わせる原因にならないことを祈るばかりだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA