【スポンサーリンク】

ドノバン・ミッチェルが大逆転負けに「昨季と同じ」

ドノバン・ミッチェルが大逆転負けに「昨季と同じ」

現地29日に行われたユタ・ジャズ対ロサンゼルス・クリッパーズ戦は、クリッパーズが最大25点のビハインドをひっくり返す大逆転劇で勝利した。

この日NBAゲームに復帰したポール・ジョージは、6本の3ポイントを含む34得点、6アシスト、4スティールを記録し、勝利に貢献。

一方、ジャズではNBAオールスターのドノバン・ミッチェルが33得点、6アシストを記録したものの、勢いに乗ったクリッパーズを止めることができなかった。

この敗戦により、ジャズは5連敗。

だが、ミッチェルにとって5連敗以上にショックな敗戦だったのかもしれない。

ミッチェルはクリッパーズ戦を終えた後、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

何と言えばいいのか分からない。

同じだ。

文字通り昨季と同じだ。

ジャズは昨季、ウェスタン・カンファレンス2位でNBAプレイオフに進出し、カンファレンスセミファイナルでクリッパーズと対戦。

ジャズは第1戦と第2戦を制し、幸先良いスタートを切ったものの、痛恨の逆転負けを喫してしまった。

ミッチェルだけでなく、昨季もジャズでプレイした選手たちも、当時の悪いイメージを思い出したに違いない。

NBAプレイオフを控えた中での逆転負けは、NBAチャンピオンを目指すジャズにとって大きなダメージとなりそうだ。

なお、ミッチェルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数63341
平均出場時間33.733.7
平均得点26.023.9
平均リバウンド4.24.1
平均アシスト5.4
(キャリアハイ)
4.5
平均スティール1.5
(キャリアハイタイ)
1.3
平均ターンオーバー3.12.8
FG成功率45.3%
(キャリアハイ)
44.2%
3P成功率35.7%36.1%
フリースロー成功率85.2%83.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA