【スポンサーリンク】

ロブ・ペリンカGM「マリク・モンクは我々の未来の一部」

ロブ・ペリンカGM「マリク・モンクは我々の未来の一部」

ロサンゼルス・レイカーズは昨年夏、NBAタイトル奪還を目指してロスターを再構築した。

だが、レイカーズのロスターはフィットせず、NBAタイトル奪還はもちろんNBAプレイオフ進出すら危ぶまれている状況だ。

しかし、その中でもマリク・モンクの成長はポジティブな材料と言えるだろう。

ミニマム契約でレイカーズに加わったモンクはこの夏に完全FAになるが、レイカーズはモンクをロスターにキープするために最善を尽くすかもしれない。

hoopsrumors.comによると、レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるロブ・ペリンカはモンクについて次のようにコメントしたという。

双方にとってこのパートナーシップは勝利だ。

レイカーズのために生産的なプレイをしてくれているし、人々は彼がビッグゲームでビッグプレイのできる選手であることが分かったと思う。

我々は彼のことを未来の一部として見ているよ。

モンクはFAになった昨年夏、レイカーズ、ニューヨーク・ニックス、ダラス・マーベリックスからオファーをもらったが、どのNBAチームもミニマム契約以上を提示しなかった。

だが、レイカーズはモンクを獲得するために何度も電話をかけていたという。

モンクの兄であり、エージェントを務めるマーカス・モンクは当時を振り返り、以下のように語っている。

我々は非常に誠実だ。

フリーエージェント市場が始まると、レイカーズはノンストップで電話してくれた。

僕たちがそれを忘れることはない。

一方で、これはビジネスでもある。

だが、僕は彼がレイカーユニフォームを着ているのを見るのが大好きだよ。

今季のパフォーマンスにより、モンクの市場価値がアップするのは必至。

キャップスペースに制限があるレイカーズがモンクにどう対処するのか注目が集まるところだ。

なお、モンクの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数63296
平均出場時間27.619.9
平均得点12.9
(キャリアハイ)
9.9
平均リバウンド3.4
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.7
(キャリアハイ)
1.9
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.41.2
FG成功率46.4%
(キャリアハイ)
41.9%
3P成功率39.4%35.3%
フリースロー成功率76.7%
(キャリアワースト)
82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA