【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「ポジションは関係ない」

ステフィン・カリー「ポジションは関係ない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上最も3ポイントを成功させた偉大な選手だ。

一方で、カリーをNBA史上最も偉大なポイントガードとする議論においては賛否両論ある。

なぜなら、ウォリアーズではドレイモンド・グリーンがボールを運ぶケースが多いためだ。

この件についてカリーが言及した模様。

カリーによると、バスケットボールにおいてポジションは関係ないという。カリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

君たちが正しいと言わざるを得ないね。

君たちはたくさんの疑問を持っているんじゃないかな。

ただ、どのポジションでプレイするかは本当に重要ではないんだ。

バスケットボールをプレイできるかどうか?ということだけさ。

だからドレイモンドをポイントガード、僕をシューティングガードと呼ぶのは素晴らしいことだと思うよ。

トラディッショナルなポイントガードはゲイムメイクを主な仕事にしている。

だが、近年のNBAではポイントガードのポジションに限らず、ポジションレスの流れが強まっている。

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスのように1番から5番のポジションをこなすNBA選手がいるように、ポジションレスの流れは今後も続くことになるだろう。

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数37799
平均出場時間34.934.3
平均得点26.824.3
平均リバウンド5.5
(キャリアハイタイ)
4.6
平均アシスト6.16.5
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー3.43.2
FG成功率42.0%
(キャリアワースト)
47.4%
3P成功率38.4%
(キャリアワースト)
43.0%
フリースロー成功率91.8%90.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA