【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「カイリー・アービングにプレッシャーをかけ続けるべきではない」

ヤニス・アンテトクンポ「カイリー・アービングにプレッシャーをかけ続けるべきではない」

ブルックリン・ネッツは今季開幕前、NBAオールスターガードのカイリー・アービングをラインアップから外す決定を下した。

だが先日、方針を転換してアービングを呼び戻すことを決定。

方針転換したネッツと接種を拒否しているアービングには批判が少なくないというが、NBAを代表するスーパースターのヤニス・アンテトクンポがこの件に言及した模様。

アンテトクンポによると、ネッツとアービングは彼らの決定を下したのであり、批判すべきではないという。アンテトクンポのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

バスケットボールのことについてなら、僕が話してもいいと思う。

あのような個人的な決定であるなら、彼らに委ねなければならない。

彼らは大人だ。

知っての通り、状況はどれも異なる。

誰かがやりたくないと思っていることに対し、僕がプレッシャーをかけるべきではない。

なぜ?

僕がそうすべきと思っているからさ。

自分の家族を守るため、母を守るため、スタッフを守るためだ。

君たちは彼にそれを理解して欲しいと思っているよね。

だが、彼は接種したくないと思っている。

それなら彼にプレッシャーをかけ続けるべきではない。

僕は自分の仕事に専念し、自分の仕事をこなさなければならない。

なぜなら、それで金をもらっているからね。

彼ら(ネッツ)はおそらく彼(アービング)と話をしているだろう。

だが、彼がやりたくないと思っていることに対し、彼らはプレッシャーをかけ続けるべきではない。

エネルギーをものすごく使ってしまうし、バスケットボールから離れたことでもあるからね。

アービングは接種を拒否しているため、ネッツのホームゲームに出場できない。

アービングがすべてのゲームに出場するためには接種を完全に済ませる、もしくはニューヨーク市が規制を緩和する、もしくはネッツがアービングをトレードで放出することが条件となるが、いずれも難しい状況にある。

とはいえ、アービングはコートに立つたびにチームを勝利に導けるNBA選手であることを証明し続けるだろう。

なお、アービングの親友であるケビン・デュラントは先日、アービングに接種を強制させることはないと明かした。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA