【スポンサーリンク】

キャブスがトレードで獲得を狙うNBA選手とは?

キャブスがトレードで獲得を狙うNBA選手とは?

コリン・セクストンとリッキー・ルビオを怪我で失ったクリーブランド・キャバリアーズは、現地2月10日のトレード期限までにロスターを調整すると見られている。

キャブスはトレードでバックコートの強化を狙うというが、では現時点ではどのNBA選手をトレードターゲットにしているのだろうか?

hoopsrumors.comによると、キャブスはインディアナ・ペイサーズのカリス・レバート、ボストン・セルティックスのデニス・シュルーダー、ユタ・ジャズのジョー・イングルス、トロント・ラプターズのゴーラン・ドラギッチ、メンフィス・グリズリーズのカイル・アンダーソン、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズに関心を持っているという。

中でも最も現実的なのは、ペイサーズのレバートだろう。

ペイサーズは再建期に入ると見られており、レバートなど主力選手たちをトレードで放出すると噂されている。

キャブスはルビオとNBAドラフト指名権をセットにしてトレードで放出することを検討しているというが、再建を目指すペイサーズにとって特にNBAドラフト指名権は魅力的なオプションとなるかもしれない。

果たしてキャブスは来月の期限までにどのNBA選手をトレードで獲得するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA