【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントが考えるNBAチームのヘッドコーチの仕事とは?

ケビン・デュラントが考えるNBAチームのヘッドコーチの仕事とは?

NBAチームを指揮するヘッドコーチは、良い成績を残すことができなかったり選手とのコミュニケーションが十分でなかったりした場合、解雇されることが多い。

2020年のロサンゼルス・レイカーズをNBAチャンピオンに導いたフランク・ボーゲルはその2つが理由で解雇されたと見られているが、NBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントは後者を重視しているのかもしれない。

デュラントによると、NBAチームを指揮するヘッドコーチには戦略的な面より選手のマネジメントが求められるという。デュラントのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(ヘッドコーチに求められるのは)パーソナリティのマネジメントだと思う。

それが最も大きなことじゃないかな。

僕たちは皆、プレイする方法を知っている。

専門用語はすべて知っている。

あらゆるスキームを知っている。

パーソナリティをマネジメントすること。

それが彼らの最も大きな仕事だと思うよ。

アービングは2年前、「ネッツにコーチは必要ない」と発言した。

ネッツはその後ケニー・アトキンソンを解雇し、NBAチームをヘッドコーチとして指揮した経験がないスティーブ・ナッシュを起用した。

デュラントは常にナッシュHCをサポートしているが、ナッシュHCが選手たちの個性を尊重し、自由にプレイさせているからこそなのかもしれない。

デュラントの考えが正しいか否かは分からないが、デュラントは自身が正しいことを証明するため、来季こそネッツをNBAチャンピオンに導くパフォーマンスを見せるだろう。

なお、デュラントの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数55939
平均出場時間37.236.8
平均得点29.927.2
平均リバウンド7.47.1
平均アシスト6.4
(キャリアハイ)
4.3
平均スティール0.91.1
平均ブロックショット0.91.1
平均ターンオーバー3.53.2
FG成功率51.8%49.6%
3P成功率38.3%38.4%
フリースロー成功率91.0%
(キャリアハイ)
88.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA