【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「ラッセル・ウェストブルックとはターンオーバーについて話し合っている」

アンソニー・デイビス「ラッセル・ウェストブルックとはターンオーバーについて話し合っている」

ロサンゼルス・レイカーズは現地10日、強豪マイアミ・ヒートにオーバータイムの末に勝利した。

NBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックは25得点、12リバウンド、14アシストを記録し、勝利に貢献。

だが、ターンオーバーの多さは相変わらずで、この日は8ターンオーバーを喫してしまった。

もしあと2ターンオーバーを犯していたら得点、リバウンド、アシスト、ターンオーバーで二桁のクワドルプルダブルを記録するところだったが、アンソニー・デイビスによると、ウェストブルックとはターンオーバーを減らす方法について話し合っているという。

デイビスはウェストブルックのターンオーバーについて、冗談を交えながら次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼がターンオーバーを減らすために僕たちにどうしてほしいのか話し合った。

話し合い、それを今夜見せてくれた。

今夜は8ターンオーバーだ。

少なくともトリプルダブルを記録し、クワドルプルダブルではなかったんだ。

もしレイカーズが敗れていたら、ウェストブルックのターンオーバーはより大きな問題になっていただろう。

ウェストブルックのターンオーバーは今すぐ減るようなものではないかもしれない。

だが、ウェストブルックにはターンオーバーの数が霞むほどの圧倒的なパフォーマンスでレイカーズを牽引してもらいたいところだ。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数12955
平均出場時間36.334.7
平均得点19.323.1
平均リバウンド9.17.4
平均アシスト8.98.6
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー5.34.1
FG成功率41.6%43.7%
3P成功率28.0%30.5%
フリースロー成功率65.5%
(キャリアワースト)
78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA