【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「耐え抜いたことが報われた」

ステフィン・カリー「耐え抜いたことが報われた」

2連連続でNBAプレイオフ進出を逃したゴールデンステイト・ウォリアーズは、ダラス・マーベリックスのカンファレンスファイナルを突破し、NBAチャンピオンにあと一息のところまで来た。

過去2年はケビン・デュラントの移籍やクレイ・トンプソンの負傷離脱の影響を受け、厳しい時間を過ごしたウォリアーズ。

NBAオールスターのステフィン・カリーによると、一時はフロントオフィスと進む方向を変えることを話したものの、耐え抜いたことが報われたという。

カリーは過去2年を振り返り、次のようにコメントhoopsrumors.comが伝えている。

違う道に進むという話し合いもあった。

だが、僕はボブ(・マイヤーズ)をすごく信頼しているし、僕たちがやっていることに大きな自信を持っている。

だからパニックになることはなかった。

もちろん過去何度かNBAチャンピオンになったことも助けになったよ。

耐えることができるんだ。

だが、僕、クレイ、ドレイモンドにもう一度チームを牽引させ、成功するためにどのようなピースを見つければ良いのかという点においては、パニックになることはなかった。

結局のところ、耐えることが重要なんだ。

ウォリアーズがNBAチャンピオンをかけて戦うのは、マイアミ・ヒートとボストン・セルティックスの勝者だ。

どちらもNBAチャンピオンに相応しいチームであり、簡単にはいかないだろう。

だが、NBAファイナルの経験豊富なウォリアーズはかつての名声を取り戻すパフォーマンスを見せるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA