【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「レイカーズは今もファミリー」

カイル・クーズマ「レイカーズは今もファミリー」

NBAキャリア4年をロサンゼルス・レイカーズで過ごしたカイル・クーズマは、先日のトレードでワシントン・ウィザーズに移籍した。

ここ数年のクーズマは安定したパフォーマンスを見せることができず、レイカーズファンからもブーイングを浴びる事態となってしまったため、レイカーズに多少なりとも苦い思い出があるかもしれない。

だが、クーズマによると、レイカーズに対して悪い感情は一切ないという。

クーズマはレイカーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

すべては愛。

間違いなく愛だ。

僕はレイカーとしてこのリーグにやって来た。

最初からファミリーだった。

去った今もファミリーだ。

ジーニー(・バス)やロブ(・ペリンカ)、設備管理者、フロントゲートで働く人々から電話やメールをもらうこともある。

皆が「君のキャリアが成功することを祈っている」と言ってくれるんだ。

だから苦い感情は何もないよ。

クーズマはレブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスに隠れる格好となってしまったが、ウィザーズではより大きな役割を与えられる可能性がある。

NBA選手としてステップアップする大きなチャンスとなるだけに、ウィザーズの一員として結果を残し、元レイカーズのブランドン・イングラムやロンゾ・ボール、ジョーダン・クラークソンのように開花したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA