【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「NBAとチームはクラッチスポーツに立ち向かわないと」

チャールズ・バークレー「NBAとチームはクラッチスポーツに立ち向かわないと」

リッチ・ポール率いるクラッチスポーツ社は、レブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビス、ベン・シモンズなど多くのNBAスターを顧客に抱える大手エージェント会社だ。

だが、NBAを代表するスーパースターたちが集ったことにより、クラッチスポーツ社は強大な力を手にしたと噂されている。

裏ではリクルート活動などにも精を出しているというが、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーはクラッチスポーツ社のやり方を問題視しているのかもしれない。

バークレーによると、クラッチスポーツ社の力を抑えるためにもNBAと各チームは立ち向かわなければならないという。バークレーのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

あのグループの仕事ぶりを君たちは知っているよね。

彼らは顧客の選手たちを望むチームにトレードさせようとする。

彼らはやりたいようにやる。

アンソニー・デイビスにはボストンからもっと良いオファーが届いていた。

ニューヨークも良いオファーを出していたかもしれない。

それなのに、彼らは「ノー。彼はロサンゼルスに行き、レブロンと一緒にプレイする。彼は君たちのところには行かない」という感じさ。

彼らはリーグをいたぶっている。

リーグとチームはどこかの時点で立ち上がらなければならない。

シクサーズの組織の誰かが一石を投じてくれることを願っている。

昨季のレイカーズにはジェイムス、デイビス、モントレズ・ハレル、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、テイレン・ホートン・タッカー、ベン・マクレモアと、クラッチスポーツ社とエージェント契約を結んでいる選手が6人いた。

シモンズのトレード要求についてもクラッチスポーツ社が暗躍していると見られるが、顧客にとってはこれ以上ないエージェントと言えるだろう。

とはいえ、アンフェアな状況が生まれないためにも、エージェントに対するタンパリングルール適用について議論すべき時が来ているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA