【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「デトロイトのようなチームとはどういう意味?」

ケビン・デュラント「デトロイトのようなチームとはどういう意味?」

NBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントとカイリー・アービング擁するブルックリン・ネッツは現地29日、再建中のNBAチームであるデトロイト・ピストンズに勝利した。

この日はデュランドが素晴らしいパフォーマンスを見せ、41得点、11リバウンドの活躍でネッツを牽引。

だが、チームディフェンスについては課題を残す結果となった。

そんな中でも、デュラントは常に相手をリスペクトしながらプレイしている。

fadeawayworld.netによると、デュラントは試合後に記者から「デトロイトのようなチームに123失点を喫した」ことについて感想を求められると、次のように答えたという。

デトロイトのようなチームとは、いったいどういう意味だ?

ここ2週間の彼らは堅実なプレイをしている。

彼らの成績が良くないのは知っているよ。

だが、それでも彼らはプロだ。

今夜の彼らは第1Qで3ポイントを6本決めたんだ。

僕たちにとっては良い時間だったと思う。

なぜなら、プレイオフになると予想外にホットになるチームがあるからね。

僕たちにとって良いテストになった。

相手がピストンズだろうとミルウォーキー・バックスだろうと関係ない。

相手がどこであろうと、僕たちはそこから改善し、進化していくんだ。

この日のピストンズでは2021年NBAドラフト1位選手であるケイド・カニングハムが5本の3ポイントを含む34得点、6アシストと大活躍。

ネッツが苦戦したのは、カニングハムのパフォーマンスによるところも大きいだろう。

だが、デュラントはどのNBAチームと対戦するとしても常に全力でプレイし、ネッツを助けるに違いない。

なお、デュラントのピストンズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

ピストンズ戦
出場時間39:23
得点41
リバウンド11
アシスト5
スティール1
ブロックショット3
ターンオーバー2
FG成功率60.9%
(14/23)
3P成功率66.7%
(4/6)
フリースロー成功率100%
(9/9)
+/-+18

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA