【スポンサーリンク】

マリク・モンクがスケープゴートにされる?

マリク・モンクがスケープゴートにされる?

ロサンゼルス・レイカーズは現地29日にダラス・マーベリックスに完敗し、順位をウェスタン・カンファレンス11位に落とした。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスを怪我で欠くレイカーズは、試合を通してペースを握ることができなかった。

そんな中、レイカーズが毎試合後にしているSNSへの投稿が話題を集めている模様。

larrybrownsports.comによると、勝利した後のレイカーズはジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックの写真を投稿する一方で、敗れた後はマリク・モンクの写真を投稿することが多いという。

https://twitter.com/Lakers/status/1452487146149875718

興味深いのは、実際に数字で明らかになっているということだ。

レイカーズは勝利後にジェイムス、デイビス、ウェストブルックの写真を19回投稿した一方で、敗れた後に彼らの写真を投稿した回数はゼロ。

一方、モンクの写真を勝利後に採用したのはわずか3回、敗戦後はチーム最多となる10回だ。

ただの偶然かもしれないが、ブレイクアウトのシーズンを送っているモンクをもっとフィーチャーしてほしいと願うレイカーズファンは少なくないだろう。

ジェイムス、デイビス、ウェストブルックはNBAを代表するスター選手であるため、当然の扱いなのかもしれない。

だが、モンクにはこれをモチベーションに変え、NBA選手としてさらなる成長を期待したいところだ。

なお、モンクの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数69302
平均出場時間27.720.1
平均得点13.4
(キャリアハイ)
10.1
平均リバウンド3.3
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.7
(キャリアハイ)
2.0
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.41.2
FG成功率47.3%
(キャリアハイ)
42.2%
3P成功率39.2%35.4%
フリースロー成功率78.8%
(キャリアワースト)
83.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA