【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが自身のパフォーマンスに「驚かない」

レブロン・ジェイムスが自身のパフォーマンスに「驚かない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、NBAキャリア19年目の今季も支配的なパフォーマンスを見せている。

来月に37歳になるにも関わらず、先日のヒューストン・ロケッツ戦では豪快なダンクを見舞うなど衰え知らずのプレイを続けているジェイムス。

NBAファンの中には年齢によるパフォーマンスの衰えを指摘し、ジェイムスを疑問視している者もいるというが、ジェイムスは自分自身を信じて疑っていないという。

ジェイムスは自身ついて以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

自分自身には驚いていないよ。

なぜなら、技術や身体にどれほどの労力を費やしているか分かっているし、試合の準備をしっかりしているからね。

だから、他の人々が疑問を持っているようなことでも、僕にはできるんだ。

ジェイムスが身体のケアに膨大な時間と資金を投じているのは有名な話だ。

とはいえ、36歳にしていまだNBAトップレベルのパフォーマンスを維持しているのは驚きでしかない。

シーズンはまだまだ先があるものの、ジェイムスはこれからもレイカーズを牽引し、勝利に導いてくれるだろう。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数51315
平均出場時間37.238.2
平均得点23.827.0
平均リバウンド5.87.4
平均アシスト6.47.4
平均スティール2.41.6
平均ブロックショット1.00.8
平均ターンオーバー4.23.5
FG成功率43.6%50.4%
3P成功率33.3%34.5%
フリースロー成功率76.2%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA