【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックが退場処分について「あんなことは見過ごせない」

ラッセル・ウェストブルックが退場処分について「あんなことは見過ごせない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターガード、ラッセル・ウェストブルックは、現地27日に行われた古巣オクラホマシティ・サンダー戦の最終盤にテクニカルファウルをコールされ、退場を命じられた。

サンダーの勝利が確定していたにも関わらず、サンダーのダリアス・ベイズリーが残り4秒にレイカーズのパスをスティールし、ダンクを見舞ったためだ。

このような行為が「スポーツマンシップに反する」行為であることは、NBAでは暗黙の了解だ。

通常であればスティール後にボールを保持し、試合終了のブザーを待つわけだが、ウェストブルックはこの件について以下のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

あんなことは見過ごせない。

スポーツの世界においては、やってはならないことがある。

ゲームはすでに終わっていた。

あれは気に入らない。

単純なことだ。

だが、ベイズリーの行為に怒りを顕にしたのはウェストブルックただひとりだった。

この日のウェストブルックはトリプルダブルを記録したものの、ターンオーバーの数は10。

レイカーズは一時26点もの大量リードを奪っていたにも関わらず、再建中のサンダーにまさかの逆転負けを喫した。

おそらくウェストブルックはフラストレーションを相当溜め込んでいたのだろう。

いずれにせよ、ウェストブルックとレイカーズにとって難しい時間はまだ続くことになるかもしれない。

なお、サンダーを指揮するマーク・デイグノルトHCは試合後、ベイズリーの行為を謝罪した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    漢字が下手すぎる。推敲してください。

  2. By 匿名

    文が下手すぎる。遂行してください。

*

CAPTCHA