【スポンサーリンク】

ケニオン・マーティンが古巣ネッツにカイリー・アービングとの決別を提案

ケニオン・マーティンが古巣ネッツにカイリー・アービングとの決別を提案

NBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントとカイリー・アービング擁するブルックリン・ネッツは、NBAプレイオフ・ファーストラウンドでまさかのスウィープでの敗退を喫した。

今季のネッツはアービングの接種拒否による離脱に始まり、デュラントの負傷離脱やジェイムス・ハーデンのトレード要求などさまざまな問題に対処しなければならなかったとはいえ、スウィープでの敗退を受け入れるネッツファンは多くないだろう。

そんな中、元NBA選手のケニオン・マーティンが古巣ネッツにある提案をした模様。

マーティンによると、ネッツはアービングと決別すべきだという。マーティンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

もし僕がケビン・デュラントだったら、カイリー・アービングとの間に大きな、大きな問題を抱えていただろう。

僕は他のチームに移籍することができたし、他の選手を連れて来ることもできた。

だが、ここで一緒にプレイすることを決断したんだ。

僕だったらこうだ。

「君(アービング)は今季、友人として、チームメイトとして、ブラザーとして、コンペティターとして、僕を裏切った。君はすべてにおいて僕を失望させた。それなのに、なぜ君と握手しなければならないんだ?

「彼(アービング)がダメなら僕をトレードだ。彼は出ていかなければならない。これは僕たちだけの問題ではない」

僕たちはアスリートとしてある程度セルフィッシュだ。

だが、チームが達成しようとしていることにそれが入ってくると、問題になってしまうんだ。

そう話すマーティンだが、デュラントが親友のアービングに見切りをつけることはないだろう。

今季は残念な結果になってしまったものの、アービングは来季フルでプレイできる見込みであり、ネッツは少なくとも今季以上の成績を残すに違いない。

とはいえ、もし来季も結果を残せないようなら、アービングとデュラントのデュオ解散説はますます強まることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    今考えてもワクチン拒否と断食とかメンタル強すぎ
    ベンとは正反対の問題児

  2. By 匿名

    シモンズを保持し続ける気なら同じくトラブルメーカーのカイリーは放出すべきだし、カイリーに残留交渉するならシモンズを放出すべき。
    どっちが残ってもいいけどトラブルメーカー二人残すのは愚策だと思うわ。まぁシモンズよりメンタル強いカイリーの方が残すべきだとは思うけど。

  3. By 匿名

    試合出れずにチームに負荷かけた
    ワクチン拒否カイリーなんてラジコン以下だろ
    戦犯だよ戦犯

  4. By 匿名

    カイリーもキッドのラジコンに言われたくなさそう

*

CAPTCHA