【スポンサーリンク】

タックルを見舞ったニコラ・ヨキッチ「少しやり過ぎた」

タックルを見舞ったニコラ・ヨキッチ「少しやり過ぎた」

デンバー・ナゲッツのNBAオールスタービッグマン、ニコラ・ヨキッチは、現地8日に行われたマイアミ・ヒート戦でマーキーフ・モリスにタックルを見舞い、退場を命じられた。

ヨキッチはモリスにハードにぶつかられた後に怒りで我を忘れてしまったのか、モリスに背後からタックルを見舞ってしまったわけだが、ヨキッチが自身の間違いだったことを認め、謝罪した模様。

https://www.youtube.com/watch?v=Yy8T53X_fx0

ヨキッチはモリスに対するタックルを振り返り、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

ダーティーなファウル、ダーティーなショットだったと思う。

僕とバム(・アデバヨ)は試合を通してファイトしていた。

ナイスなファイトだった。

フェアにプレイしても、アグレッシブにプレイしても、相手とファイトすることはある。

だが、少しやり過ぎたと思う。

誰があの映像を見せてくれたのか分からないが、(モリスの)頭が後ろに倒れていた。

本当に悪かったと思っている。

幸いにもモリスに大きな怪我はなかったというが、NBA屈指の巨躯を誇るヨキッチに背後からタックルされたら、最悪の事態もあり得るだろう。

ヨキッチは常に飄々としているものの、感情を抑える方法を学ばなければならないかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA