【スポンサーリンク】

ロシアを出国した元NBA選手が訴えられる

ロシアを出国した元NBA選手が訴えられる

昨季までの2シーズンをNBAのユタ・ジャズとGリーグのソルトレイクシティ・スターズで過ごしたジャレル・ブラントリーは、今季をロシアのチームであるUNICSカザンでプレイしていた。

だが先日、妻と生まれたばかりの子供を連れてロシアを出国し、アメリカに帰国。

しかし、ブラントリーはUNICSカザンから訴えられてしまったようだ。

SNY.tvの記者によると、ブラントリーはUNICSカザンから訴えられ、25万ドルの賠償金を請求されたという。

アメリカに帰国したブラントリーはGリーグでのプレイを希望しているというが、それにはUNICSカザンの許可が必要であるため、ブランドリーの去就については不透明だ。

なお、UNICSカザンにはブランドリーの他、OJ・メイヨとロレンゾ・ブラウンといった元NBA選手も所属している。

また、東京オリンピックにアメリカ代表として出場したWNBAスターのブリトニー・グライナーがロシアの空港で拘束されたと報じられた。

グライナーが所持していたベープカートリッジに禁止薬物が含まれており、ロシアで最大10年の禁固刑を科される可能性があるという。

これを受け、グリナーが所属するWNBAのフェニックス・マーキュリーは、グライナーをサポートする声明をリリースした。

WNBAではオフシーズン中に海外のクラブチームでプレイする選手が少なくないというが、グライナー以外の選手は無事出国できたと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA