【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトンⅡ「ディロン・ブルックスに謝罪された」

ゲイリー・ペイトンⅡ「ディロン・ブルックスに謝罪された」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのゲイリー・ペイトンⅡはメンフィス・グリズリーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第2戦で左肘を骨折し、長期離脱を余儀なくされた。

ペイトンⅡを長期離脱に追いやったディロン・ブルックスは激しく批判され、ダーティープレイヤーのレッテルが貼られることになったが、ペイトンⅡはすでに水に流しているのかもしれない。

ペイトンⅡによると、ウォリアーズとグリズリーズのシリーズが終わった後、ブルックスから直接謝罪されたという。

ペイトンⅡはブルックスについて次のようにコメント。The Players Tribuneが伝えている。

僕はディロンをすごく認めている。

(謝罪は)メールではなく、ソーシャルメディアでもなく、間接的なものではなかった。

彼は直接僕のところに来て、僕たちは大人の男として話をした。

彼は「怪我させるつもりはなかった」と言っていたよ。

僕は彼を信じている。

ペイトンⅡは復帰に向けてリハビリを続けている。

ダラス・マーベリックスとのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルは全休する見込みだが、オンコートでの軽めの個人ワークアウトを再開したというから、多くのウォリアーズファンはペイトンⅡの復帰を待ちわびていることだろう。

ペイトンⅡとブルックスは今回のことを乗り越え、良きライバルとして戦い続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 山中 一司

    素晴らしいです。
    なんか、嬉し涙がにじみました

*

CAPTCHA