【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソが手首骨折で6~8週間離脱へ

アレックス・カルーソが手首骨折で6~8週間離脱へ

NBA屈指のディフェンダーであるシカゴ・ブルズのアレックス・カルーソが、少なくともシーズン前半の残り試合を欠場することが決定した模様。

ブルズは現地22日、カルーソが右手首の骨折で手術を受け、6~8週間後に再評価を受ける予定であることを発表した。

カルーソは現地21日に行われたミルウォーキー・バックス戦の第3Q中にドライブを仕掛けたところ、グレイソン・アレンに腕を捕まれ、コートに激しく落下。

この時に右手首を骨折し、アレンにはフレイグラントファウル2がコールされた。

ブルズを指揮するビリー・ドノバンHCは試合後、アレンの危険な行為について「彼(カルーソ)のキャリアが終わる可能性があった危険な行為」などと批判。

ドノバンHCはだけでなくブルズの組織も激しい怒りを覚え、アレンに対して厳しい処分を下すようにNBAに訴えかけたと報じられている。

今季のブルズはNBAタイトル獲得が期待できる戦いを見せている中、ザック・ラビーン(膝)、ロンゾ・ボール(膝)、パトリック・ウィリアムス(手首)、ジャボンテ・グリーン(内転筋)、デリック・ジョーンズJr(膝)、さらにカルーソと、主力陣の多くが負傷離脱を強いられている。

なお、カルーソの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数28212
平均出場時間27.720.1
平均得点8.46.2
平均リバウンド3.9
(キャリアハイ)
2.5
平均アシスト3.9
(キャリアハイ)
2.6
平均スティール1.9
(キャリアハイ)
1.1
平均ターンオーバー1.41.6
FG成功率42.9%42.9%
3P成功率34.5%37.1%
フリースロー成功率81.4%
(キャリアハイ)
73.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA