【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールが延長契約について「急いでいない」

ブラッドリー・ビールが延長契約について「急いでいない」

NBA屈指のスコアラーであるブラッドリー・ビールは、このオフシーズン中にワシントン・ウィザーズと延長契約を結ぶことができる。

ウィザーズのゼネラルマネージャーを務めるトミー・シェパードは先日、ビールに延長契約をオファーする予定であることを明かした。

ビールはウィザーズと4年1億8150万ドルの延長契約を交わすことができるというが、ビールは延長契約についてどう考えているのだろうか?

ビールは延長契約について次のようにコメント。Washington Postが伝えている。

僕が最も気にかけているのは、僕たちが好スタートを切ることだ。

契約金やその他のことについては後で考えればいい。

その時が来たら、彼ら(ウィザーズのフロントオフィスとビールのエージェント)に任せる。

まだ1年猶予があるわけだし、僕は急いでいないよ。

前にも話したが、僕たちの層は厚い。

プレイメイカーがいるし、シューターがいるし、ビッグマンがいる。

だが、それだけでうまくいくわけではない。

いかにしてフィットし、いかにして調和するのかを考えなければならない。

だが、試合に勝つために必要なピースが揃っているのは良いことだ。

延長契約を結ばなかった場合、ビールは来年夏に完全FAになる。

1年待てば約5000万ドル多く手にできる可能性があるというが、もしウィザーズが結果を残すことができなければ、再びトレードの噂がつきまとうことになるだろう。

ウィザーズとしてはビールと延長契約を結び、今後長くビールを中心としたチームとして戦うことを確定させたいところだろうが、ビール陣営がどう判断するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA