【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスと一緒にロサンゼルスにいたかもしれない」

カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスと一緒にロサンゼルスにいたかもしれない」

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、クリーブランド・キャバリアーズ時代にレブロン・ジェイムスとともにフランチャイズ初となるNBAタイトル獲得に貢献した偉大な選手のひとりだ。

当時のキャブスファンはジェイムスとアービングの時代が長く続くと信じていただろう。

だが、アービングはNBA選手としてより成長できる環境を求め、キャブスにトレードを要求した。

アービングによると、ジェイムスとの関係がうまくいっていた頃は素晴らしい時間を過ごせていたという。

アービングは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は今頃ロサンゼルスにいたかもしれないね。

彼(ジェイムス)と一緒に遠征していたかもしれない。

冗談だよ。

僕とブロン。

僕と彼が意気投合していた2015年は、僕にとって最高の1年のひとつだった。

ブロンは常に表舞台で活躍していた。

そして僕はトレードを要求した。

僕は何か違うものを探していたんだ。

僕は組織と話し、彼らの将来のプランを知った。

僕は「僕のためのプランではない」と言った。

すると、「カイは1ヶ月間もチームを話をしていなかった」と言われ始めた。

(キャブスを離れた後)僕は「最高の選手のひとりを残してしまった」と自問自答するようになった。

他人が言うことに耳を傾けてしまった。

他人が言うことを信じ始めると、自分の殻に閉じこもってしまうんだ。

だから僕は自分の信仰とイスラム教を深く掘り下げていった。

神の言葉に従い、コミュニティを深く掘り下げ始めた。

今の僕は平穏に過ごしているよ。

アービングによると、キャブス時代のアービングはまだ成熟しておらず、もっとうまく対処できていればと思っているという。

長い時間を経て、アービングとジェイムスの関係は修復されたように見えるが、アービングとジェイムスが再びチームメイトになる日は来るのだろうか?

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ボストンでもネッツでも上手くいかなくて今更になって言動後悔するのは流石にダサい

  2. By 匿名

    ただバカと言えばそれまでやが、影響受けやすい純粋な人なんやろな
    子ども大人って印象を受ける
    内面は子供っぽい、良くも悪くもな

  3. By 匿名

    他人に裏切られたから
    今度はイスラム宗教に嵌って、活動家という訳か

    影響受けやすいし実はかなりナイーブなんかな

*

CAPTCHA