【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「ラッセル・ウェストブルックはアタックモードに入っている」

アンソニー・デイビス「ラッセル・ウェストブルックはアタックモードに入っている」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスターポイントガード、ラッセル・ウェストブルックは、現地7日に行われたボストン・セルティックス戦で24得点、3リバウンド、11アシスト、1スティールを記録し、チームを勝利に導いた。

特に第3Qの活躍は目覚ましく、強烈なドライブからスコアリングを連発。

ウェストブルックはファンやチームメイトたちを大興奮させる豪快なダンクも決めるなど、アグレッシブなプレイを見せた。

NBAオールスタービッグマンのアンソニー・デイビスによると、今のウェストブルックが本来の姿だという。デイビスのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

今季はじめのラスは少し受け身だったと思う。

彼はチームメイトたちを巻き込もうとし、パスを狙っていた。

スコアリングに行けたところをメロ(カーメロ・アンソニー)にキックアウトした試合もあった。

僕たちは彼に「君自身になれ」と言い続けている。

彼がアグレッシブになればなるほど、皆がオープンになる。

ここ7~10試合の彼はすごく、すごくアグレッシブ。

彼がそうすれば、他の選手たちのシュートのチャンスが増えるんだ。

彼はアタックモードに入っている。

第3Qでドライブし、フィニッシュまで持っていった彼を君たちも見たよね。

あれこそ彼がやるべきことさ。

僕は試合の前に「君自身になれ」といつも伝えている。

他の誰かではなく、ラッセル・ウェストブルックになる。

それこそが彼をここに連れてきた理由なんだ。

今季のレイカーズは第3Qで著しく調子を落としていたが、ここ数試合は第3Qで強さを発揮している。

ウェストブルックの貢献も大きく、このパフォーマンスを続けることができれば、レイカーズは徐々に順位を上げていくだろう。

なお、ウェストブルックの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数25968
平均出場時間36.234.8
平均得点20.423.1
平均リバウンド7.87.4
平均アシスト8.78.6
平均スティール1.3
(キャリアワーストタイ)
1.7
平均ターンオーバー4.64.1
FG成功率45.0%43.8%
3P成功率31.8%30.6%
フリースロー成功率69.1%78.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA