【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズがウルブズのオフェンスを痛烈批判

アンソニー・エドワーズがウルブズのオフェンスを痛烈批判

ミネソタ・ティンバーウルブズは先日、ニューオーリンズ・ペリカンズに敗れ、今季初黒星を喫した。

2019年のNBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソン不在であり、3連敗中だったペリカンズに敗れたことを受け、2020年のNBAドラフト1位選手であるアンソニー・エドワーズは、ウルブズのオフェンスに問題を感じたのかもしれない。

エドワーズによると、ウルブズのオフェンスではエドワーズ、カール・アンソニー・タウンズ、ディアンジェロ・ラッセルがボールを持ちすぎており、チームプレイができていないという。

エドワーズはウルブズについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

(ペリカンズに敗れたことは)間違いなく目覚まし時計のようなものだ。

ファンはペリカンズとの対戦を楽しみにここに来てくれた。

それなのに僕たちはケツを蹴られてしまった。

壁は僕たちのすぐ後ろに迫っている。

僕たちは目を覚まさなければならない。

僕たちは自分たちのことしか考えていない。

もっとパスしないといけない。

チームに「俺」はいらない。

3人で5人を倒すことはできない。

5人で5人を倒さなければならない。

チームメイトたちと一緒にプレイしなければならない。

僕たち3人はオフェンスに彼らを巻き込み、気持ち良くプレイさせなければならない。

僕、KAT、D-Loはその仕事が下手だ。

皆に戦い続けてもらうためには、彼らにボールを回さなければならない。

チームの一員としてプレイしていることを実感させなければならない。

僕たちは彼らを信じなければならない。

もし僕たちが彼らにボールを回さなければどうなると思う?

ウルブズがタウンズ、ラッセル、エドワーズを中心としたチームであるのは間違いないだろう。

今季は彼ら3人で1試合平均56.4本のシュートを放っているというが、もしボールをシェアし、他のチームメイトたちも巻き込みながら戦うことができれば、ウルブズのNBAプレイオフ復帰は近づくに違いない。

とはいえ、NBAキャリア2年目のエドワーズがリーダーシップを発揮し、声を大にして問題点を指摘したのは良い傾向と言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA