【スポンサーリンク】

ポール・ピアースがレイ・アレンとケビン・ガーネットの関係について「時が経てば修復される」

ポール・ピアースがレイ・アレンとケビン・ガーネットの関係について「時が経てば修復される」

元NBA選手のレイ・アレンは、ポール・ピアース、ケビン・ガーネットと共にボストン・セルティックスで一時代を築いた後、セルティックスの最大のライバルチームだったマイアミ・ヒートに移籍した。

これをきっかけに、ピアースとガーネットはアレンを「裏切り者」と認定し、長く敵対関係が続いていた。

ピアースはすでにアレンと和解したというが、今後はガーネットとアレンの和解に注目が集まるところだろう。

だが、ピアースは心配していないのかもしれない。

ピアースはアレンとガーネットの関係について以下のようにコメントしたという。talkbasket.netが伝えている。

特が経てば修復されるんじゃないかな。

ゆっくりと、確実にね。

殿堂入り式典の時にアレンと話す機会があった。

同じ建物の中に僕たち全員が揃っていた。

ドック(・リバース)の功績もすごく大きいと思うよ。

なぜなら、僕とKGと一緒に座り、この状況について話をしたからね。

僕とレイは仲直りした。

KGはまだ迷っている。

だが、ドックと話をしたことでいろんなことがスムーズになったから、すぐに元通りの僕たちを見られるんじゃないかな。

ピアース、ガーネット、アレンは先日、NBA75周年記念チームに選出された。

ガーネットはSNSを通してピアースとアレンを祝福し、アレンもそれに応えたというから、彼らの関係が修復に向かっているのは間違いないだろう。

3月に予定されているガーネットのセルティックス永久欠番セレモニーでは、3人が仲良く肩を組む姿を期待して良さそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA