【スポンサーリンク】

カイリー・アービングのトレード価値が低下?

カイリー・アービングのトレード価値が低下?

NBAオールスターガードのカイリー・アービングは接種を完全に受けない限り、もしくはニューヨークの規制が緩和されない限り、もしくは他のNBAチームにトレードされない限り、NBAゲームに出場することができない。

ネッツにとってもアービングを起用できないことは大打撃だろうが、アービングをトレードで放出し、即戦力となれるNBAスターを獲得するという手段は残っている。

だが、アービングをトレード要員としてNBAスターを獲得するのは難しいのかもしれない。

HoopsHypeによると、アービングが接種を拒否する前は少なくともNBA4チームがアービングに関心を持っていたが、今は多くのNBAチームのフロントオフィスがアービングを信用しておらず、トレードが実現するのは難しい状況であることを、複数のNBAチームの幹部が明かしたという。

ネッツにとっての最善策は、アービングとのトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズを獲得することなのかもしれない。

そうすればアービングはすぐにNBAゲームでプレイできるようになり、シモンズもネッツの一員として喜んでプレイするだろう。

だが、シクサーズはアービングのこれまでの言動を疑問視し、シモンズとのトレードでアービング獲得を狙うことはないとされている。

アービングは怪我が少なくないNBA選手でもあるため、それもトレード価値が低下している要因のひとつだろう。

果たしていつになればアービングはNBAに復帰できるのだろうか?

なお、アービングの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数54582
平均出場時間34.933.9
平均得点26.922.8
平均リバウンド4.83.8
平均アシスト6.05.7
平均スティール1.41.3
平均ターンオーバー2.42.6
FG成功率50.6%
(キャリアハイ)
47.0%
3P成功率40.2%39.1%
フリースロー成功率92.2%
(キャリアハイタイ)
88.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA