【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがNBAアナリストの仕事に関心?

レブロン・ジェイムスがNBAアナリストの仕事に関心?

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、37歳の今もNBAトップクラスの選手として活躍している。

だが、NBA選手としての時間が残り少なくなってきているのは間違いない。

では、NBAを引退した後のジェイムスはどのような人生を歩むのだろうか?

ジェイムスによると、NBAから退いた後もバスケットボールと関わり続けることを望んでいるという。

「NFLのトム・ブレイディのように引退後にテレビ出演する?」と質問されたジェイムスは、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼の契約金を知った時、僕もやろうと思った。

僕のスポーツの知識、スポーツに対する見解を提供できるしね。

それにゲームに関わることもできる。

僕はずっとゲームに関わり続けたいんだ。

ブレイディはまだ現役を続けているが、フォックススポーツと10年3億7500万ドルの契約を結び、引退後はアナリストとしてフットボールに関わり続ける予定だ。

もしジェイムスも同じような道を進むのであれば、メディアによる激しいジェイムス争奪戦が繰り広げられるだろう。

とはいえ、それは数年後の話となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA