【スポンサーリンク】

エバン・フォーニエが古巣マジックについて「もう僕の問題ではない」

エバン・フォーニエが古巣マジックについて「もう僕の問題ではない」

ベテランガードのエバン・フォーニエは、昨季中のトレードでオーランド・マジックからボストン・セルティックスに移籍すると、オフシーズン中のサイン&トレードでニューヨーク・ニックスに移籍した。

そのフォーニエが現地24日、NBAキャリア6年半を過ごした古巣マジックと対戦。

マジックは若手中心に再建中のNBAチームだが、フォーニエによると、マジックがNBAオールスタービッグマンのニコラ・ブーチェビッチをトレードで放出した時、フォーニエ自身もマジックから放出されると感じたという。

フォーニエは当時を振り返り、次のようにコメント。The New York Postが伝えている。

彼らがブーチをシカゴにトレードした時、「OK、ここを本当に離れることになるかもしれない」と思ったことを覚えている。

ブーチが出て行くのを知った時、僕は妻と一緒に家にいた。

「ハニー、僕たちはここを出ていくよ」という感じさ。

なぜなら、ブーチをトレードしたなら次は僕の番で、その次は(アーロン・)ゴードンだったからね。

再建には時間がかかる。

問題を解決するために時間がかかるのは間違いないだろう。

だが、もう僕の問題ではないよ。

再建中のマジックはフォーニエ擁するニックスに勝利し、今季初勝利を挙げた。

かつてのフィラデルフィア・セブンティシクサーズのように再建にはまだまだ時間が必要だろうが、まずは若手たちを競争させ、成長を促すことにより堅固な基盤を構築したいところだろう。

なお、マジックはベテランウィングのテレンス・ロスをデッドラインまでにトレードで放出し、2つのNBAドラフト指名権獲得を狙うという見方が広がっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA