【スポンサーリンク】

ネッツがディアンドレ・ジョーダンのトレードかバイアウトを検討か?

ネッツがディアンドレ・ジョーダンのトレードかバイアウトを検討か?

ブルックリン・ネッツのゼネラルマネージャーを務めるショーン・マークスは先日、ベテランセンターのディアンドレ・ジョーダンについて、「1~2カ月後のロスターがどうなっているかは分からない」としつつも、「現時点でディアンドレは間違いなくロスターの一員であり、今後もチームの一員だ」と語った。

だが、NBAにおいては約束しながらもトレードやバイアウトで選手を放出することはある。

ジョーダンもそのケースに当てはまってしまうのだろうか?

talkbasket.netによると、ネッツは今もジョーダンをトレードもしくはバイアウトで放出することを検討しているという。

ネッツは先日、元NBAオールスターフォワードのブレイク・グリフィンと契約した。

ネッツがスモールラインアップで戦う時、グリフィンは5番のポジションでプレイすることになるだろう。

また、ネッツにはサマーリーグで活躍しているルーキーセンターのデイロン・シャープや、機動力があるビッグマンのニコラス・クラクストンもいるため、チームメイトたちからの信頼以外にジョーダンをロスターに残す理由はない。

ネッツはジョーダンのトレードもしくはバイアウトを急いでいないというが、もしケビン・ラブなど経験と実績がある選手を獲得するチャンスがあれば、ジョーダンを放出する可能性は高いと言えそうだ。

なお、昨季のジョーダンはレギュラーシーズン57試合に出場したものの、NBAプレイオフでは出場機会を得ることができなかった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA