【スポンサーリンク】

レイカーズがアイザイア・トーマスなど3選手をワークアウトに招待

レイカーズがアイザイア・トーマスなど3選手をワークアウトに招待

NBAタイトル奪還を狙うロサンゼルス・レイカーズは、このオフシーズン中にラッセル・ウェストブルックやカーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードなど経験と実績あるベテラン選手たちを獲得した。

だが、レイカーズはロスターにさらなる厚みを持たせるため、FA選手の調査を継続している。

そんな中、ベテラン3選手がレイカーズのワークアウトに参加したと報じられた。

sports.yahoo.comによると、元NBAオールスターのアイザイア・トーマス、NBA復帰が噂されるダレン・コリソン、昨季終盤にブルックリン・ネッツの一員としてNBAに復帰したマイク・ジェイムスがレイカーズのワークアウトに参加したという。

レイカーズのロスターには現在16選手が登録されているが、保証付き契約の選手は12名のみ。

ロスターに1枠空きを設けた状態でNBA2021-22シーズン開幕を迎える可能性が高いため、あと2選手をロスターに加える可能性がある。

レイカーズは彼ら3人の他、ジェイムス・エニスにも関心を持っているというが、もしエニス獲得に失敗した場合、ベテランフォワードのジャレッド・ダドリーと再契約する可能性があると報じられている。

果たしてレイカーズはどの選手をロスターに加えるのだろうか?

なお、トーマスは現地17日にレブロン・ジェイムスとラッセル・ウェストブルックの3人でワーウアウトを行なったと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA