【スポンサーリンク】

ウェス・アンセルドJrHCがウィザーズ好調要因について「早期にケミストリーを構築したこと」

ウェス・アンセルドJrHCがウィザーズ好調要因について「早期にケミストリーを構築したこと」

オフシーズン中のトレードでNBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックを失い、カイル・クーズマやモントレズ・ハレルなどを獲得したワシントン・ウィザーズは、現在イースタン・カンファレンス首位と絶好調だ。

NBAスターと呼べる選手はブラッドリー・ビールしかいないものの、ウィザーズは全員バスケで白星を積み重ね、素晴らしい戦いを繰り広げている。

ロサンゼルス・レイカーズなどケミストリーの構築に苦労しているNBAチームもある中、なぜウィザーズはすぐにケミストリーを構築することができたのだろうか?

ウィザーズを指揮するウェス・アンセルドJrによると、ハレルとクーズマはトレーニングキャンプ前からウィザーズの選手たちと共に汗を流し、それがケミストリーの早期構築に役立ったという。アンセルドJrHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

彼らは9月頃にはもうここにいた。

だから、トレーニングキャンプが正式に始まる日を待つことなく、「さあ、仕事を始めよう」という感じだったんだ。

彼らは共にプレイし、ちょっとしたピックアップゲームやワークアウトをこなし、ケミストリーを構築しようとしていた。

これまでのところ、その成果が出ているんじゃないかな。

クーズマとケンテイビアス・コールドウェル・ポープはロサンゼルス・レイカーズでNBAチャンピオンに貢献した経験を持つ。

また、ハレルは強烈なリーダーシップを持ち、エースのビールをサポートしている。

彼らはNBAスターではないものの、NBAチームに欠かせない選手としてこれからもウィザーズを牽引するに違いない。

なお、クーズマは自身とハレルについて以下のように語っている。

僕たちはこのリーグで勝つ方法を知っている。

トレズは常に過小評価されていたが、ドラフト2巡目で指名され、Gリーグで戦い、そしてシックスマン・オブ・ザ・イヤーになったんだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA