【スポンサーリンク】

ロケッツがエリック・ゴードンのトレードで求める見返りとは?

ロケッツがエリック・ゴードンのトレードで求める見返りとは?

若手中心に再建中のヒューストン・ロケッツは、現地2月10日のトレード期限までにベテランガードのエリック・ゴードンを放出すると見られている。

ゴードンにはニューヨーク・ニックスなど複数のNBAプレイオフチームが関心を持っているというが、ロケッツはゴードンのトレードでどんな見返りを求めるのだろうか?

hoopsrumors.comによると、ロケッツはゴードンのトレードでNBAドラフト1巡目指名権の獲得を求めているという。

今季のゴードンはベテランとして若手が多いロケッツを牽引するとともに、NBAキャリアベストとなるFG成功率と3P成功率を記録している。

だが、ゴードンの大型契約と怪我の歴史が足かせとなり、NBAドラフト1巡目指名権とのトレードは難しいという見方も少なくない。

いずれにせよ、ロケッツがゴードンをトレードで放出する可能性は極めて高いと言えそうだ。

なお、ロケッツはダニエル・タイス、DJ・オーガスティン、ジョン・ウォール、クリスチャン・ウッドのトレードも検討していると報じられている。

ゴードンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数38730
平均出場時間29.332.5
平均得点14.916.5
平均リバウンド1.92.4
平均アシスト3.32.9
平均スティール0.60.9
平均ターンオーバー2.22.0
FG成功率50.5%
(キャリアハイ)
42.8%
3P成功率45.5%
(キャリアハイ)
37.2%
フリースロー成功率73.6%
(キャリアワースト)
80.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA