【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「今季のMIPはジャ・モラントではなくジョーダン・プール」

ドレイモンド・グリーン「今季のMIPはジャ・モラントではなくジョーダン・プール」

メンフィス・グリズリーズのNBAオールスターガード、ジャ・モラントは、今季のMIP最有力候補のひとりだ。

個人として素晴らしい実績を残しているだけでなく、グリズリーズをウェスタン・カンファレンス2位でのNBAプレイオフ進出に導いたモラントは、MIPにふさわしいと言えるだろう。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンによると、MIPの本来の意味を踏まえると、モラントよりジョーダン・プールのほうがMIPにふわさしいという。

グリーンはMIPについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

その賞は最も成長したことを意味するのであり、最高のシーズンを送ったという意味ではない。

それはMVPだ。

僕は何度も思う。

ジャ・モラントを軽視しているわけではないが、ジャ・モラントはMVP候補だ。

MIP候補ではない。

ジャ・モラントは昨季もものすごいシーズンを送っていたからね。

リーグを見渡してみると、最も成長したのはジョーダン・プールだ。

言うまでもない。

リストを見てもらえたら、彼らが昨季どんなことをやったのか分かるだろう。

ジョーダンが昨季どんなことをやったのか分かるだろう。

最も成長したのは彼だ。

賞の名前を踏まえて考えるならジョーダンだ。

イージーさ。

モラントは昨季も素晴らしいシーズンを送ったが、今季はNBAオールスターに選出されるなど、さらなる成長を見せている。

一方のプールは昨季と比べて出場機会が激増し、ウォリアーズに欠かせない選手のひとりに成長した。

甲乙つけがたいレースとなりそうだが、果たして今季のMIPはどの選手が受賞するのだろうか?

なお、モラントとプールの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

ジャ・モラント

2020-212021-22
出場試合数6357
平均出場時間32.633.1
平均得点19.127.4
平均リバウンド4.05.7
平均アシスト7.46.7
平均スティール0.91.2
平均ターンオーバー3.23.4
FG成功率44.9%49.3%
3P成功率30.3%34.4%
フリースロー成功率72.8%76.1%

ジョーダン・プール

2020-212021-22
出場試合数5176
平均出場時間19.430.0
平均得点12.018.5
平均リバウンド1.83.4
平均アシスト1.94.0
平均スティール0.50.8
平均ターンオーバー1.02.5
FG成功率43.2%44.8%
3P成功率35.1%36.4%
フリースロー成功率88.2%92.5%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    プールも12点も取ってたんだな。でもやっぱ趣旨からしたらプールかな。

*

CAPTCHA