【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「どこに行きたいのか自分で決めることができる」

ブラッドリー・ビール「どこに行きたいのか自分で決めることができる」

NBA屈指のスコアラーであるブラッドリー・ビールは、ワシントン・ウィザーズに忠誠を誓っている。

トレードの噂が出るたびにウィザーズ愛を語り、今季はリーダーとしてチームを牽引しているビール。

だが、もしウィザーズがNBAタイトルを狙えるチームになれないなら、ビールは他のNBAチームとの契約を検討するかもしれない。

ビールは自身の去就について次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕には時間がある。

だから、今は僕がカードを握っているようなものさ。

このような立場になったことはこれまで一度もなかった。

僕は未来を自分で決めることができるし、どこに行きたいか自分で決めることができるんだ。

最終的にセルフィッシュにならなければならないこともある。

10年のキャリアでおそらく初めてのことなんじゃないかな。

だから、この状況をアドバンテージにしたいと思っている。

もちろんチームのために全力を尽くすよ。

うまくいくことを望んでいる。

僕はずっとここで貢献してきた。

僕はここにいることをこれまで2度コミットした。

今度は僕に対するコミットを見たい。

僕たちはここで勝利のチームを構築することができるし、勝利の環境を構築することができる。

もちろん僕もその一員だ。

僕もステップアップし、自分の仕事をしなければならない。

ウィザーズがビールと契約するためには、やはりNBAタイトルを狙えるロスターを構築しなければならないだろう。

だが、もし失敗した場合、ビールはウィザーズを離れ、NBAタイトルコンテンダーに移籍する可能性も否定できない。

いずれにせよ、ウィザーズにとって今季は勝負のシーズンとも言えそうだ。

なお、今季のビールは十分なパフォーマンスを見せることができていないため、一部のウィザーズのファンはビールの発言を受け、ビールを批判していると報じられている。

ビールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数23628
平均出場時間36.034.7
平均得点22.622.0
平均リバウンド4.74.1
平均アシスト5.74.1
平均スティール0.9
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ターンオーバー3.42.4
FG成功率44.1%45.6%
3P成功率26.2%
(キャリアワースト)
37.3%
フリースロー成功率84.8%82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA