【スポンサーリンク】

リショーン・ホームズがDVで訴えられる

リショーン・ホームズがDVで訴えられる

サクラメント・キングスのリショーン・ホームズは先日、「個人的な理由」によりNBAキャリア7年目を一足早く終えた。

ホームズの具体的な離脱理由については明かされなかったものの、家庭の問題によるものなのかもしれない。

The Sacramento Beeによると、元妻と2019年9月から6歳の息子の親権争いを繰り広げているホームズが、元妻から家庭内暴力および息子に対する身体的虐待で訴えられたという。

ホームズの元妻は先月、ホームズが息子に対して不満をぶつけ、頭を殴って出血させたと主張。

サクラメント郡はホームズに対し、息子に対する接近禁止令を出したというが、ホームズの弁護士は元妻の訴えに「根拠のない主張」、「ホームズは模範的な親」と主張しているという。

ホームズ自身も無実を主張し、SNS上に「そのようなことは決してしていない」などと投稿したものの、現在は削除している。

なお、キングスはこの問題について以下の声明をリリースした。

サクラメント・キングスの組織は、いかなる暴行と家庭内暴力に反対する強い姿勢を表明する。

我々は法的プロセスを尊重し、この状況をモニターしていく。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA