【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「レブロン・ジェイムスとマイケル・ジョーダンはどちらもGOAT」

ドレイモンド・グリーン「レブロン・ジェイムスとマイケル・ジョーダンはどちらもGOAT」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは先日、キャリア通算得点でNBA歴代1位に浮上した。

これによりGOAT論争が再び加熱し、”バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンと”キング”ジェイムスの比較論も熱を帯びている。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンによると、彼らを比較すべきではなく、どちらもGOATとして評価すべきだという。

グリーンはジョーダンとジェイムスのGOAT論争について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

レブロンがカリーム(・アブドゥル・ジャバー)のNBA記録を抜き、皆は彼(ジェイムス)をGOATにすべき?と議論しているよね。

彼がNBA史上ナンバーワンのスコアラーになっても、僕は彼が今まで以上にGOATになったとは思わない。

すでにGOATだ。

僕は「レブロンがマイケル・ジョーダン以上のGOAT?」という議論に加わりたくない。

レブロンはGOATであり、マイケル・ジョーダンはGOATだ。

彼らふたりとも素晴らしい。

それに彼らは一度も対戦したことがないんだ。

それならどう結論を出せばいいのだろうか?

すべては人それぞれの主観による。

僕たちは皆、グーグルやアップル、アマゾンがこの世界にもたらしたことを評価している。

だが、スポーツの世界では、バスケットボールの世界では、「レブロン・ジェイムスとマイケル・ジョーダンどちらがGOAT?」、「どちらがベスト?」となってしまう。

彼らはどちらも素晴らしい。

どちらも偉大だ。

どちらもGOATさ。

おそらく多くのNBAファンはグリーンの意見に同調するのではないだろうか?

だが、GOAT議論が止むことはない。

確固たる指標がない中、これからもGOAT論争は続いていくだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA