【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「ステフィン・カリーは脅威」

アレックス・カルーソ「ステフィン・カリーは脅威」

NBAを代表するスーパースターのステフィン・カリーは、今季もMVPレベルのパフォーマンスを見せている。

相手が誰であってもタフな3Pシュートを沈め、時には圧倒的なスキルでディフェンダーを置き去りにするカリー。

今季からシカゴ・ブルズでプレイするNBA有数のディフェンダーも、カリーとのマッチアップには苦しめられているようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=YgsfD_AlMa0

NBAキャリア5年目のアレックス・カルーソはカリーに対するディフェンスについて質問された際に、以下のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕がマッチアップする男の話をする。

AD(アンソニー・デイビス)やケビン・デュラントをディフェンスすることについて話をするのではない。

彼らのような選手は僕を見ていない。

僕は193cmしかないからね。

あの男(カリー)は脅威だ。

特に彼らが波に乗った時に彼を止めるのは不可能だ。

ドレイモンド(・グリーン)と彼のテレパシーはあり得ない。

それにデイミオン・リー、トスカーノ・アンダーソン、ジョーダン・プール、(ケボン・)ルーニーは昨季からいるし、ドレ(アンドレ・イグダーラ)が復帰したよね。

彼らはプレイする方法を本当に理解している。

彼(カリー)がどう動くのか、ボールを渡した時にどう動くのかを理解しているんだ。

彼は君たちが眠くなるまで動き続ける。

そのうえ30フィートの位置からシュートを放つ。

ディフェンスできないこともあるさ。

ウォリアーズがカリーを中心としたチームであることは間違いないが、ウォリアーズのパッシングゲームはほぼ完成しており、チームとしてのレベルも非常に高い。

今季NBAトップとなる11勝2敗を記録しているのも、カリーを中心とし、他の選手たちが素晴らしい動きをしているからだろう。

相棒クレイ・トンプソンも12月中に復帰できると見られており、今季のウォリアーズはますます完成されたバスケットボールを見せてくれそうだ。

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数13775
平均出場時間33.834.3
平均得点28.124.3
平均リバウンド6.2
(キャリアハイ)
4.6
平均アシスト6.76.5
平均スティール1.71.7
平均ターンオーバー3.33.1
FG成功率44.2%47.6%
3P成功率38.7%43.2%
フリースロー成功率95.5%
(キャリアハイ)
90.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA