【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボールがレイカーズからトレードされたことに「ビジネスの一部」

ロンゾ・ボールがレイカーズからトレードされたことに「ビジネスの一部」

2017年のNBAドラフト2位でロサンゼルス・レイカーズに入団したロンゾ・ボールが現地15日、シカゴ・ブルズの一員として初めて古巣レイカーズと対戦する。

レイカーズ時代のボールはシュートに問題を抱え、十分なパフォーマンスを見せることができずにいると、2019年夏のトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍。

その後シュートタッチは確実に改善し、今季はブルズの一員として素晴らしいシーズンを送っている。

そのボールが、ブルズでの状況とレイカーズからトレードされたことについて語った模様。ボールのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

すべてのことには理由があると思う。

今の僕にとってはここ(ブルズ)がいるべき場所なのさ。

すごく良い気分だ。

(移籍の)プロセス初期は、AK(アルトゥラス・カルニソバス)とマーク(・エバースリー)が素晴らしい仕事をしてくれた。

コーチたちも僕を求めてくれたし、チームメイトたちとも素晴らしい関係を築いているんだ。

僕はフィットすると思える場所に来たかった。

僕を求めてくれる場所、僕に変わらずにいてほしいと思っている場所に来たかった。

シカゴは僕にとって最高の場所さ。

(レイカーズからのトレードが)ビジネスの一部だということは分かっている。

だが、必要とされていないと感じたのは初めてだった。

とはいえ、アンソニー・デイビスとのトレードだ。

だから恥じることではない。

彼は史上最高の選手のひとりだからね。

僕はたくさんのことを経験してきた。

結局のところ、バスケットボールはゲームであり、僕はゲームを愛している。

今の状況にすごく感謝しているよ。

心配するようなことのほとんどは、実際の生活においてあまり意味がない。

愛するゲームをプレイすることができ、高いサラリーをもらい、家族の面倒を見ることができているんだから、僕は恵まれているよね。

それが僕にとって最も重要なことさ。

もしレイカーズがボールをトレードしていなければ、ボールは今のような選手になることができたのだろうか?

レイカーズファンの多くはボールをトレードしたことを後悔しているだろうが、ボールはこれからも成長し、レイカーズを見返し続けるに違いない。

なお、ボールのレイカーズ在籍中と移籍後のスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズ在籍中トレード後
出場試合数99131
平均出場時間32.432.3
平均得点10.013.0
平均リバウンド6.25.5
平均アシスト6.46.2
平均スティール1.61.5
平均ターンオーバー2.42.6
FG成功率38.0%40.6%
3P成功率31.5%38.0%
フリースロー成功率43.7%67.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA