【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「ラッセル・ウェストブルックに勧誘された」

ブラッドリー・ビール「ラッセル・ウェストブルックに勧誘された」

NBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックは、オフシーズン中のトレードでワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

ウェストブルックはレイカーズから興味を持たれていることを知ると、オーナーのテッド・レオンシスに電話し、トレードを成立させるように要求したという。

ウェストブルックは相棒のブラッドリー・ビールにもトレードを勧め、共にレイカーズに移籍するよう勧誘したというが、この件についてビールが言及した模様。ビールのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

このようなことは毎年ある。

選手たちは話をするものだ。

だが、僕は彼と同じ方向を向いていなかった。

素晴らしい会話をしたんじゃないかな。

彼のことを思うと僕も嬉しいよ。

僕たちは良い会話ができたと思う。

ラスを失ったことは間違いなく残念なことだ。

だが、僕たちのピースを見てみると、深みと経験があるよね。

僕は今一緒にいるピースを気に入っているんだ。

ビールはウェストブルックからリーダーシップを学び、ロッカールームでより声を出すようになったという。

イースタン・カンファレンスはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェイムス・ハーデンを擁するブルックリン・ネッツと、昨季NBAチャンピオンのミルウォーキー・バックスを中心に回ると思われるが、ウィザーズに忠誠を誓ったビールにはチームを台風の目とすべく、チームメイトたちを牽引するパフォーマンスを見せてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA