【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンが怪我について「悪化しないことを祈っている」

ザック・ラビーンが怪我について「悪化しないことを祈っている」

シカゴ・ブルズは現地30日、ユタ・ジャズに今季初黒星を見舞った。

今季6試合を消化した時点で5勝1敗と好調な状態が続き、さらなる躍進が期待されているブルズだが、気になるのはザック・ラビーンの怪我の状態だろう。

NBAオールスターのラビーンは先日、左手親指の靭帯を部分断裂しているものの、手術は受けず、プレイし続けることを決断した。

そのラビーンが自身について語った模様。nbcsports.comが伝えている。

少しの間この状態が続くだろう。

試合中に何も起こらず、悪化しないことを祈っている。

(医療チームに)グレード2の足首の捻挫のようなものと言われたが、怪我したのは親指だ。

だから少し時間がかかるだろうね。

特定のショットやプレイが難しい状態にある。

4本の指でドリブルしているようなものだ。

それでやっていく方法を見つけなければならない。

できることは多くない。

もしテーピングしなければ、完全に断裂するリスクがある。

テーピングをしていてもリスキーだ。

かなり保護されているように感じるが、何度が打ってしまった。

僕のシュートにはそれほど影響しないだろう。

ただ、ボールを握ったり、扱ったりするのが難しい。

だからもっと簡単にシュートを打てる方法や、ドリブルの数を減らす方法を見つけ出そうとしているんだ。

そう話すラビーンだが、現在3試合連続で20得点以上を記録するなど、怪我の影響を感じさせないパフォーマンスを続けている。

とはいえ、怪我が悪化しやすい状態でプレイしているのは間違いない。

NBAオールスターのラビーンはブルズにおいて最も重要な選手のひとりであるため、怪我が悪化しないことをただ祈りたいところだ。

なお、ラビーンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数6417
平均出場時間34.231.4
平均得点25.519.1
平均リバウンド5.23.8
平均アシスト4.53.8
平均スティール0.30.9
平均ターンオーバー2.52.7
FG成功率48.1%45.8%
3P成功率40.5%38.5%
フリースロー成功率94.7%82.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA