【スポンサーリンク】

エネス・カンター・フリーダム「NBAからシューズを脱ぐよう懇願された」

エネス・カンター・フリーダム「NBAからシューズを脱ぐよう懇願された」

ボストン・セルティックスのベテランビッグマン、エネス・カンター・フリーダムは、人種平等の問題で陣頭指揮を取らないとし、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンやレブロン・ジェイムスを批判している。

先日は中国リーグでプレイするジェレミー・リンも批判し、賛否両論を巻き起こしているカンター・フリーダム。

そのカンター・フリーダムが、今後はNBAをターゲットにした模様。

カンター・フリーダムによると、現地10月20日にマディソンスクエアガーデンで行われた試合で「フリー・チベット」などと記したシューズを履いていたところ、NBAからシューズを脱ぐように懇願されたという。カンター・フリーダムのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

マディソンスクエアガーデンで行われた試合の前に、NBAの2人の紳士から懇願されたんだ。

「シューズを脱いでくれ」とね。

混乱した。

当時はアメリカ市民権取得の試験の準備をしていて、言論の自由が憲法に含まれていることを知っていた。

彼らが僕に「シューズを脱いでくれ」というのは、憲法に反している。

僕は「脱がない」と言った。

NBAからバンされたり、罰金処分を科されたりしても構わなかった。

ハーフタイムの時に僕のマネージャーからメールが来た。

中国でのセルティックスの全試合が突然バンされた、という内容だった。

セルティックスの一員として試合の半分、このシューズをベンチで履いていただけで、バンされてしまったんだ。

また、カンター・フリーダムによると、「フリー・チベット」に続いて「フリー・ウイグル」と記載したシューズを履いたところ、NBPAからハラスメントを受けたという。

一方、NBAは「シューズを脱いでくれ」と要求したことについては否定している。

NBAにとって中国は巨大なマーケットであり、切っても切れない関係にあると言われている。

そのためNBAは中国に対して強く出ることができないとされているが、カンター・フリーダムには納得できないことなのだろう。

カンター・フリーダムはこれからも自身の考えを強く主張し、行動に移さないアスリートたちを批判し続けるに違いない。

なお、カンター・フリーダムはこの件について以下のように語っている。

選手たちは社会正義の戦士だ。

だが、中国のことになると、彼らは怖くて何も言えなくなってしまう。

悲しいことだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    履いただけでバンされる。
    当たり前でしょう。君は一般人じゃないんだから。
    こいつはNBA選手の知名度を政治利用する汚いやつだな。

*

CAPTCHA