【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「スポーツに忠誠心はない」

カーメロ・アンソニー「スポーツに忠誠心はない」

近年のNBAでは、スーパースターがタイトル獲得を求めて移籍するケースが少なくない。

スーパースターの移籍には賛否両論あり、多くのNBAレジェンドはスーパースターの移籍に否定的な見方をしているが、元NBAオールスターのカーメロ・アンソニーは、スーパースターの移籍は自然なことと考えているのかもしれない。

アンソニーによると、スポーツの世界において忠誠心は存在していないという。アンソニーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

スポーツに忠誠心があるとは思わない。

忠誠心の話をするなら、僕は今も忠誠心を持って生きているよ。

ただ、スポーツはあくまでスポーツであり、ビジネスだ。

スポーツに忠誠心はない。

アスリートであり、プロであり、それで金をもらっている。

忠誠を誓う必要はない。

僕は忠誠心がどのようなものなのか知っているよ。

そういうメンタリティで育ったし、学んだからね。

誰かが不誠実だったり、忠誠心を持っていなかったりすると、どのような気持ちになるのか分かる。

僕は今も忠誠心の基本を持ってやっているんだ。

アンソニーはこの夏にロサンゼルス・レイカーズとベテランミニマム契約を結んだ。

アンソニーにとってNBAタイトルを獲得する最大のチャンスになると言えそうだが、アンソニーはチームにではなく彼自身とバスケットボールに対して忠誠を誓い、レイカーズを支えてくれるだろう。

なお、アンソニーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数691191
平均出場時間24.535.0
平均得点13.4
(キャリアワーストタイ)
23.0
平均リバウンド3.1
(キャリアワースト)
6.3
平均アシスト1.52.8
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー0.92.5
FG成功率42.1%44.7%
3P成功率40.9%
(キャリアハイ)
35.3%
フリースロー成功率89.0%
(キャリアハイ)
81.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA