【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがベン・シモンズに皮肉?

ジョエル・エンビードがベン・シモンズに皮肉?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスタービッグマン、ジョエル・エンビードは、先日のブルックリン・ネッツ戦で34得点、7リバウンドを記録し、チームを勝利に導いた。

だが、今季から先発ポイントガードとしてプレイしているタイリース・マキシーの働きも見過ごせないだろう。

マキシーはネッツ戦で5本の3ポイントを含む25得点、7リバウンド、4アシストを記録したのだ。

マキシーの活躍を受け、エンビードは試合後のインタビューで次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

彼(マキシー)が3ポイントを撃つとどうなるのか、君たちも見ただろ?

3ポイントを撃て。

君(マキシー)は素晴らしかった。

これこそが批判に対する応え方だ。

エンビードの発言は、間違いなくシモンズに対する皮肉と言えるだろう。

NBAオールスターのシモンズ不在にもかかわらず、シクサーズは19勝16敗、イースタン・カンファレンス6位と健闘している。

エンビードはもちろんシクサーズのフロントオフィスも、シモンズ不在でも戦えることを確信しているのかもしれない。

とはいえ、エンビードには共にシクサーズを牽引してきた仲間をサポートしてもらいたいところだ。

なお、マキシーの昨季と今季スタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数6132
平均出場時間15.334.5
平均得点8.016.8
平均リバウンド1.73.5
平均アシスト2.04.5
平均スティール0.40.7
平均ターンオーバー0.71.3
FG成功率46.2%47.3%
3P成功率30.1%38.0%
フリースロー成功率87.1%87.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA