【スポンサーリンク】

絶不調のクリス・ブーシェ「本来の僕ではない」

絶不調のクリス・ブーシェ「本来の僕ではない」

トロント・ラプターズのクリス・ブーシェはNBAキャリア5年目となる今季、数字を大きく落としている。

昨季は平均出場時間24.2分、平均13.6得点、FG成功率51.4%、3P成功率38.3%を記録したものの、今季は平均出場時間13.5分、平均5.4得点、FG成功率37.2%、3P成功率18.4%と大幅にダウンしているのだ。

では、なぜブーシェの数字はこれほど落ちてしまっているのだろうか?

ブーシェによると、NBAプレシーズンで怪我してしまい、十分に準備できなかったことが原因のひとつだという。ブーシェのコメントをThe Toronto Starが伝えている。

感覚を取り戻そうとしているところだ。

正しいことを正しい場所でやる感覚を取り戻そうとしている。

感覚を失ってしまっている。

今の自分には満足していない。

ここ10試合は本来のプレイができていないし、本来の僕ではないんだ。

トレーニングキャンプはうまくいっていた。

それからプレシーズンで怪我してしまった。

僕が離脱している間にチームはケミストリーを構築した。

自分自身をチームに証明する方法を見つけなければならないね。

ブーシェはNBAプレシーズンで指を怪我し、手術を受けた。

それが影響しているのか、それとも他に原因があるのかは分からないが、ラプターズはサイズとアウトサイドシュートがあるブーチェの復調を望んでいることだろう。

果たしてブーチェはギアを上げ、昨季のようなパフォーマンスを取り戻すことができるだろうか?

なお、ブーチェの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数14165
平均出場時間13.515.9
平均得点5.48.5
平均リバウンド3.54.8
平均アシスト0.10.6
平均スティール0.60.4
平均ブロックショット0.81.3
平均ターンオーバー0.60.5
FG成功率37.2%48.5%
3P成功率18.4%34.3%
フリースロー成功率68.8%78.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA