【スポンサーリンク】

レイカーズのトレードによるラッセル・ウェストブルック獲得はプランBだった?

レイカーズのトレードによるラッセル・ウェストブルック獲得はプランBだった?

ロサンゼルス・レイカーズは現地29日、ワシントン・ウィザーズとトレードで合意し、NBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックを獲得した。

それまでのレイカーズはフェニックス・サンズのクリス・ポールやポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラード、トロント・ラプターズのカイル・ラウリー、ウィザーズのブラッドリー・ビールといったNBAスターの獲得を狙うと噂されていたが、FA交渉解禁前にウェストブルックを獲得。

トレードによるウェストブルック獲得は、レイカーズにとってプランBだったのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、レイカーズが最も求めていたのはリラードとビールであり、ウェストブルック獲得は彼らの獲得に失敗した時のためのプランBだったという。

レイカーズにとっての理想がリラード、もしくはビールだったのは間違いないだろう。

だが、彼らはトレードを要求するか否かも分かっておらず、またトレードを要求したとしてもレイカーズには十分なトレード資産がないため、現実的なプランではなかった。

レイカーズはバディ・ヒールドを獲得すべく、カイル・クーズマをトレード要員としてサクラメント・キングスと交渉していた。

一方で、ウィザーズとウェストブルックの状況もモニターしており、チャンスがあると分かるとすぐにトレードターゲットをウェストブルックに切り替えたという。

即座に行動に移し、ウェストブルック獲得に成功したレイカーズは、今後も積極的にロスターを補強することだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA